COLUMN

売上アップのためのヒント!【購入率が上がる商品表示編】

こんなお悩みはありませんか?

・ショップの流入は増えてきたけど、売上に繋がっていない・・
・デザインで工夫をして、売上をアップさせたい!

 

売上(サイト訪問者数×購入率×客単価)を上げるためには、購入率アップが大切です。

売上アップの4つのヒントを2回のブログに分けて紹介していきます。

訪問したお客様が実際にお買い物をしていただけるよう、対策していきましょう!

1.売れ筋商品は左上に表示

人の目線の流れは【Zの法則】といい「左→右」「上→下」に流れる傾向があります。《目線》を意識した商品配置を心がけることで効率よくお客様に購入頂けるショップ作りに繋がると言われています。

商品が一番お客様の目に触れやすい位置は「左上」となります。スタート地点である「左上」には、ショップ全体を印象付ける目玉商品を掲載するのがよいでしょう。
売れ筋ブランドの「新商品」や「特売品」など、インパクトのある商品を陳列することによってお客様の購買意欲を高めることに繋がります。

 

つづいて、視線が止まりやすい下記にも対応していきましょう。
二番目に視線が移る「右上」には、定番商品の陳列がオススメです。気軽に手を伸ばしやすいエリアと言われています。

次に視線が移る「左下」には、お店が売りたい商品を置くと良いでしょう。また、売上の弱い商品は強い商品の間もしくは両サイドに陳列することで、認識される確率を上げることができます。これを【サンドイッチ陳列】といいます。

最後に「右下」に陳列すべき商品は、付加価値の高い比較商品です。商品を検索する際、お客様には無意識に「さらに良いものを探したい」という心理が働いています。

このタイミングで『(高価格帯だが)より良い商品』や『先に出ているものとセットで使えるもの』などを提示し、それを一緒に選んでいただくことで、購入単価の向上を狙うわけです。

【視線の動き=商品を目にする順番】となります!

2.入り口商品を作ろう

はじめの注文が重要!

「入り口商品」とは、価格が安い、送料無料など、購入のハードルを低く設定した「とにかく買ってもらう」ための商品のことです。どんなにいい商品でも、一度買ってもらわないことには決してリピートしてもらえないので、まず「はじめの1回」が必須です。

makeshopでは「初回限定商品」を設定する機能はありませんが、商品名や商品説明文などへ「初回購入限定!」と注意書きを入れてお得な入口商品とすることもご検討ください。

TONOSAMAだけの特別キャンペーン実施中!

ECサイト構築ASP「MakeShop」にて、以下の料金がすべて無料でご利用いただけます。

①初期費用 11,000円
②利用料1ヵ月分 11,000円
③常時SSL1年分 13,200円

 

福井でも数少ないMakeShop認定パートナーであるTONOSAMAだからご案内できる特典です!

お気軽にお問い合わせください。

 

AUTHOR きほぴょんこちゃん (広報&Webデザイナー)

TONOSAMAのおもしろい日常を発信したり、インスタの運用・社内イベントの企画を頑張っています★
社内イベントの面白い案があれば、TONOSAMAのインスタに送ってください!
案を送ってくださった方には、私からお礼メッセージを送りますよ!笑
今後とも宜しくお願いします♪

【将来の夢】
「株式会社きほぴょんこ」の設立